ダイエット効果あり!?はちみつコーヒーの効果と作り方を解説

はちみつコーヒー

コーヒーにはダイエット効果があるので、ブラックコーヒーを飲んでダイエットに励む方は意外と多いです。コーヒー好きには問題ないのですが、「ブラックは苦手」「正直毎日は飽きる」という方には厳しいですよね(>_<)

そんな方におすすめなのがはちみつコーヒーです。はちみつというと太りそうな気がしますが、砂糖より甘いにも関わらずカロリーは低いです。さらにダイエット効果まであります!

ここでは、はちみつの効果とはちみつコーヒーの作り方をお伝えしようと思います。

はちみつとは?

はちみつ

はちみつのカロリーは、100gあたり294kcalです。それに対して、砂糖は100gあたり384kcalです。なので砂糖の代わりにはちみつを摂りましょう!

ではありません!

たしかに砂糖よりはちみつの方がカロリーが低いのですが、はちみつもそれなりにあります。私がはちみつをオススメしたい本当の理由は、体の健康維持に欠かせない素晴らしい効果がたくさんあるからです!

疲労回復効果

疲労回復

よくスポーツ選手が試合の途中の休憩時間に、はちみつレモンを食べているのを見かけませんか?これははちみつの疲労回復効果を利用しているのです。

はちみつに含まれるブドウ糖は、これ以上分解することができないので素早く体に吸収されます。食べて20分でエネルギーとして働いてくれます。仕事で疲れたときなどには効果的ですよ!

殺菌効果&保湿効果

保湿効果

はちみつに含まれるグルコン酸には殺菌作用があります。はちみつを水で薄めてうがいをすることで、口内炎の治療や喉の痛み、咳に良く効きます。

喉の痛みは大抵乾燥が原因ですので、保湿効果のあるはちみつは風邪予防としても強い味方になってくれるでしょう。

脳の活性化

勉強

実は、はちみつの40%はブドウ糖からできています。ブドウ糖は脳のエネルギー源となります。ちなみにブドウ糖以外は脳へのエネルギーとならないため、ブドウ糖を補給することはとても大切です。

ブドウ糖ははちみつからでも摂取できますが、ドラッグストアでも売っていますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。食感はラムネですが、味は甘くて美味しいですよ!

また、寝ている間も脳は働き続けているので、ブドウ糖を摂取することで
質の高い眠りをサポートしてくれます。

 その他期待できるはちみつの効果
ニキビ予防、アンチエイジング効果、便秘解消、老化防止

はちみつを食べるにあたっての注意事項

赤ちゃん

店で売られているはちみつには、稀にボツリヌス菌が混入している場合があります。
絶対に1歳未満の乳幼児にはちみつを食べさせないでください!

大人には影響がないのですが、乳幼児は抵抗力が弱いため、ボツリヌス菌に感染してしまうのです。最悪の場合、死にいたることがございます。

ちなみに厚生労働省も乳幼児にはちみつを与えてはいけないと警告しています。

はちみつコーヒーの作り方

はちみつコーヒー

コーヒーにスプーン一杯程度の蜂蜜を入れるだけで完成です笑
お好みで牛乳やシナモンを入れてアレンジするのもいいでしょう。

はちみつとコーヒーはどちらもダイエット効果が期待できます。お家で簡単に作れますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 誰でも簡単に痩せられるコーヒーダイエットの効果と方法はこちら!

コメントを残す




CAPTCHA